フラワーエッセンスとはなんぞや・・・?

インスタグラムではトリートメントで使うクリームの紹介をさせてもらってますが、今回はフラワーエッセンスって何?というところを少し書いてみようと思います。


フラワーエッセンスの定義は『花のエッセンス(エネルギーの特性)のみを水に転写し自然の力で活性化されたもので花の波動水ともいわれます。これはエッセンシャルオイルやハーブ製品と違い、植物の抽出成分などの物質的なものは含まれていません。花のエネルギーがもつそれぞれの性質が、私たち人間の感情や精神のパターンと呼応し、心のバランスの乱れを調整して、癒してくれるというもの…』とあります。 


あんまりピンと来ない人もいますよね、私もそうでした。未知の自然の力を感じること、そこが楽しいところだったりもします。

 

お客様には「お花のエネルギーを利用した自然療法のひとつ」と説明していますが、実際に世界各国の医療機関でも利用されています。


フラワーエッセンスのメーカーは沢山ありエッセンスの作り方はそれぞれですが、摘み取った花を水に浮かべエッセンスを採取するのが一般的です。


しかし、オーストラリアンワイルドフラワーエッセンスは自然に咲いてる花の上に水をたらし、それを集めてエッセンスを作っています。その際、月や太陽・様々な要因が一番良い状態の時に採取することでエネルギーが最大限に高まったエッセンスが得られます。


個人的には摘み取らずに採取するというところが好きです。切り花も美しいけどその命はとても短いので、この考え方はとても共感します。


もう一つ、それぞれの花にはポジティブとネガティブキーワードがあります。


例えばダンピエラというお花には「解き放つ」、「柔軟」といったポジティブキーワードと「厳格」、「抑圧」といったネガティブキーワードがあります。

花が咲く前、種の状態にはこの二つのエネルギーがあるといいます。そして花が開くときもっともポジティブなエネルギーが働くとされているのです。


あなたがある花を見た時、これは好き!これは嫌い・・といった感情が表われるかもしれません。そして、その花が持つキーワードはいずれも問題を解決するために必要な自分の内側にある要素です。


「困難に立ち向かい、より良い自分に変化していこう」とする意識をサポートしてくれる性質がそのお花にあるのかもしれません。


こんな風にエッセンスのことを少し知ることでトリートメントをもっと楽しんでいただけたら嬉しいなと思います。 


3月トリートメントのご案内≫

0コメント

  • 1000 / 1000